AeroboCloud

エアロボクラウドは、ウェブブラウザだけで使えるドローン業務のためのデータ処理サービスです。 データ管理、高速なデータ処理、そしてAIによる自動化により、測量や点検等のドローン業務の効率化をサポートします。


ログイン アカウント作成

エアロボクラウドが提供するサービス

ドローンに関するデータや撮影した画像を管理し、処理・解析を行うさまざまなアプリケーションをクラウド上で提供しています。
エアロボクラウドを利用することで、お使いのPCに特別なソフトをインストールすることなく、画像のアップロードから測量のためのデータ処理までをWebブラウザだけで実現することができます。
また、エアロボクラウドではクラウド技術を使った高速な処理と自動化を実現しており、お客様の業務の効率を改善することが可能です。
オルソ地図表示

フライトの管理と共有

フライトやマーカーの配置プランをアップロードして地図上に表示し、他の人に共有することができます。 ブラウザ上でのフライトプランの作成も今後可能になります。また、フライトログや空撮画像をアップロードしてフライト単位で管理し、地図上に表示したり様々な形式で可視化することが可能です。 今後は弊社の機体以外にもさまざなな機体のフライトログをサポートしていきます。

フライトの管理

GPSマーカーの自動処理

弊社が提供するエアロボマーカーを利用すると、マーカーのGPSログをアップロードするだけで空撮画像からマーカーを自動検出しGPSマーカーの座標とマッチングすることができます。 これにより、測量結果の入力や画像中のマーカー位置の選択などの作業をせずに、自動で測量処理を実行することができます。

フライトの管理

測量や点検などの処理・解析サービス

エアロボクラウドでは、フライトログや空撮画像をもとに処理や解析を行うアプリケーションが利用できます。
i-Construction対応の測量クラウドサービス(エアロボ測量)では、空撮画像からオルソ画像や3Dモデルを生成することができます。 点検サービス(エアロボ点検)では、オルソ画像から対象物の点検を行える機能を提供し、またその点検を自動化するための点検エンジンを提供しています。

エアロボクラウドの測量サービス

エアロボクラウドでは、i-Constructionに対応した空撮画像のデータ処理を行うことが可能です。 ウェブラウザから空撮画像をアップロードして処理を開始するだけで、短時間で必要なデータを生成することが可能です。 精度を出すためにGCPの設定を行うことも可能ですが、エアロボマーカーを利用することでGCPの設定も行うことなく高精度な測量処理を実現することができます。
3Dモデル

高速なモデル生成

クラウド上で高性能なマシンを用いた並列処理を行うことにより、空撮画像から3DモデルやDEM作成、オルソ地図の生成などを高速に実行できます。 画像200枚であれば1時間程度で処理可能です。

オルソ地図表示

オルソ地図や3Dモデルの表示

空撮画像をもとに作成したオルソ画像や3Dモデルはダウンロードして利用できるだけでなく、Web上の地図に貼り付けてその場で確認することができます。 地図上で閲覧、管理することで過去の時点との比較をしたり変化を追跡することが可能となります。

Export to CAD

各種データのエクスポート

左記のオルソ画像や3Dモデルに加えて、PointCloudと呼ばれる点群データや、処理のレポートなどさまざまなデータをダウンロードすることが可能です。 ダウンロードした点群データをお持ちのCADソフトウェアで読み込んだり、3Dモデルを3D CGツールに読み込んで利用することで成果物の生成が可能です。

エアロボクラウドの点検サービス

エアロボクラウドでは、空撮画像をもとに対象を点検するための点検機能を提供しております。 空撮画像をアップロードしてオルソ画像を作成して対象物の確認ができるだけでなく、独自のクラウド上AI点検エンジンを利用して損傷を高い精度で自動的に判定することも可能です。 現在はシート点検に対して独自エンジンを用意している他、ソーラーパネル点検等も準備中です。詳しくはお問い合わせください。
点検の流れ

利用申し込み、お問い合わせ

アカウントの作成やお問い合わせは、以下の問い合わせページからご連絡ください。

エアロセンス問い合わせフォーム